鍵を失くした時|鍵を紛失したり鍵修理をしたい時には専門業者へ早めの連絡を
錠前を持つ人

鍵を紛失したり鍵修理をしたい時には専門業者へ早めの連絡を

このエントリーをはてなブックマークに追加

鍵を失くした時

扉

アパートの鍵紛失をしてしまった場合

アパートの鍵紛失をしてしまった場合には、住んでいるアパートに入れないことがあります。 アパートの鍵紛失をしてしまった場合には、予備の鍵があれば良かったと思うことが多々ありますが、予備の鍵がない場合には大家さんがいるアパートなどの場合には、大家さんがアパートを開けてくれることがあります。 これは大家さんが予備の鍵を持ってくれているという時のためで、そのためには、万が一にそなえてあらかじめ大家さんに連絡をとれるようにしておくと助かります。 鍵紛失については、なくしてしまった鍵が見つからない場合には、防犯などに備えてドアの鍵穴をかえることが必要な場合もあります。 これは別人が部屋に侵入することを防ぐためです。

鍵紛失にそなえて鍵をもう一つ作っておく

鍵紛失をしてしまう場合にそなえて、あらかじめ許可をとりもう一つ予備の鍵を作っておく場合があります。 鍵紛失については、とても注意して鍵を管理していても、例えば鍵が入ったかばんを落してしまったということや鍵が入ったお財布を盗まれてしまった、ということが起こりうることから、予備の鍵を鍵紛失にそなえて作成しておいてもらうと便利なものです。 または、予備の鍵をアパートの管理人さんや大家さんに持っていてもらうという方法もあります。 また、鍵を失くさない工夫としては鍵に目立つキーホルダーなどをつけておくなど、鍵を落しにくくすることも必要となります。 鍵だけで持ちあるいてしまっていると、落としやすくなってしまうこともあるようです。